FC2ブログ

現在の訪問者数:  
♯54 思い出
2007-01-12 Fri 23:53
・・・敵の味方になっても、お兄ちゃんだもん。
今度こそ・・・まっすぐ、お兄ちゃんの目をそらさない。
傷ついても・・・まっすぐ見つめる。

「ユウ~!メシだぞメシ!」
リョウタがユウを呼ぶ。
「・・・うん!」
ユウは急いでかけつける。
「アキトはんが収穫なかったさかい、かわりに、フェナが大量の魚を釣りましたで!」
フェロが言う。
「ユウ、食べましょ」
カエデが焼き魚を差し出す。
「うん」
ユウは、もう立ち直ったかの様子を見せる。

・・・焼き魚・・・

あっちの世界で、お兄ちゃんに、よく骨をとってもらったな。
・・・自分でとらなきゃ・・・
ダメだよ・・・。お兄ちゃんの思い出でいっぱいだよ・・・。

ユウの目から・・・自然と涙がこぼれる。

「ユウ!どうしたんだ?」
リョウタが聞く。
「なんでもないの!・・・本当だよ。なんでも・・・」
ユウは、真っ赤な顔を手で隠す。
「分かった!魚の骨がとれないんだな!・・・マコトにとってもらってたもんな~」
「バカ!!」
アキトの言葉に・・・みんながすかさず叫ぶ。・・・今のユウに、『マコト』という言葉はNGワードである。
「どうしたの?話していいのよ」
カエデがユウの顔を見る。
「なんでも・・・ないよ」
ユウが泣きながら言う。

「なになに?!もしかして、魚がまずかった?!」
フェナが慌てる。
「・・・ほら」
シュウは、ユウに、粉末で作ったココアを与える。・・・準備がいいのか?それともたまたまか・・・紙コップもあった。
「・・・」
ユウはそれを、ゆっくり飲む。
「アイツのこと・・・思い出したんだろ?」
シュウがユウに聞く。
「・・・うん・・・」
ユウが頷く。・・・シュウは、ユウのココロを・・・見透かすようにして見ていた。
「お兄ちゃんに・・・骨とってもらったの。思い出しちゃってっ・・・」
ユウの言葉が・・・涙にあふれている。
「ユウ・・・そうだったの・・・」
カエデがユウを心配する。
「おかしいよね。僕・・・僕っ」
ユウが泣きながら言う。

「よかった~!僕のせいじゃない系??」
フェナは安心する。
「お前が骨付きの魚もってくんのがいけないんだよ」
シュウが言い返す。
「ひどっ!」
フェナは、カルチャーショック?!


・・・そのころ

「全く・・・あのちっこいのしつこいのよ」
ミルフェアはプンスカ。
「・・・ユウ・・・」
マコトはユウの涙顔を思い出す。

ユウが、あんなに傷だらけになって・・・自分のもとへ走ってきた。
なのに自分は・・・手を出そうとしてミルフェアに止められ・・・ユウを助けられなかった。
これは・・・本当に正しいのだろうか・・・

「次は・・・あのガキを集中狙いよ」
ミルフェアはそういうと・・・マコトをつれて・・・走り出した。


・・・・・・

「さて、1段落ついたし・・・マコトを探しに・・・」
リョウタが立ち上がる。
「そうね・・・」
カエデも出発するさんだん。

「決着をつけるわよ!!」
・・・聞き覚えのある声。
「ミルフェア!」
アキトが言う。
「今日こそ決着をつけるわよ!・・・それ!」
ミルフェアが言うと・・・無数の爆弾が爆発。
「うわっ!」
みんな・・・なかなかマコトに近づけない。

「攻撃ができないんじゃ無理よ!!」
ハナミが叫ぶ。
「しょうがないわよ!」
カエデが言い返した。

「煙幕!」
ミルフェアは、さらに攻撃を仕掛ける。
「前が見えねぇじゃねぇかよぉ!!」
リョウタはイライラ。
「いくわよ!」
ミルフェアが、岩石をとばしてきた!

「うわっ!!」
妖精が・・・全員ひん死!
「マジかよ!」
リョウタは慌てる。
「最強か!」
アキトが言う。
「おい・・・どっかのお笑いチームのパクリしてんじゃねぇよ・・・」
リョウタは呆れ顔。

「いっけぇ!」
ミルフェアの無数の攻撃が・・・ユウをめがけた!

「ユウ!!」
・・・煙につつまれたユウ。
「死んだってこと・・・ねぇよな」
リョウタが最悪の出来事を予想する。
「いたら返事しなさぁい!」
ハナミが言う。・・・応答はない。
「ユウ!ユウ!」
アキトが叫んでも・・・応答はない。
「ま・・・さか」
ケンが言う。・・・ユウは・・・

「お兄ちゃん」
・・・聞き覚えのある声。

「・・・ユウ!」
リョウタが言った。

「死ねないよ。・・・思い出がいっぱいで」
ユウが、帽子を深被りをする。
「僕、弱虫だから、必要なときだけお兄ちゃんに頼ってた。・・・それで、お兄ちゃん、疲れたよね・・・これからは、しっかりするよ。だから・・・」
ユウが言葉を続ける。
「もう一回・・・ユウ、って言って・・・!」
ユウの、純粋な主張だった。

「・・・お前が、そこまで考えてたとは思わなかった」
後ろから口を開いたのは・・・フェマだった。
「そこまで証のこと考えてたの知らなくて、オレは自分しか見てなかった。自分がよければ、なんて間違ってること、やっと分かったんだ」
フェマが話し出す。
「悪かったよ、これからは・・・マコトのこと、ちゃんと見るから・・・」
予想もしなかった言葉。・・・リョウタの説教が通じたのか・・・

「聞いてりゃ生意気なのよ!・・・坊や!あの、ユウとやらを殺してきな!!」
ミルフェアが、マコトの背中を押す。


「・・・お兄ちゃん・・・」
ユウは、不安そうな顔をする。
「・・・」
周りもしんっ、としている。
「・・・」

マコトはユウに、手を近づけた。
スポンサーサイト



別窓 | フェアリーファンタジー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<♯55 友情 | ~フェアリーファンタジー~ | 祝☆キャラソン完成?!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ~フェアリーファンタジー~ |

自由にどうぞ♪

©Plug-in by PRSU