FC2ブログ

現在の訪問者数:  
♯3 謎
2006-11-08 Wed 21:00
「お前ら!何者か説明しやがれ!」
リョウタはとうとう脅迫気味になった。
「わてらはフェアリーモンスターゆうとるでしょが?まぁ聞いてくだせえな。妖精には属性ちゅうもんがあってですな、同じ属性同士は、攻撃があまりきかないんですわ。違う属性同士は普通って感じですかね。ところであんさん、火は水に弱く、水は木に弱く・・・ってしっとりますわよね。自分が強い属性になると、バトル有利でっせ。・・・そこらへんの属性説明は、わてはわからへんがな。そこらへんはフェナがしってるはずでっせ。」
方言つかった、フェロの長い説明。

「属性・・・?効果?!わかんねぇ!」
リョウタはパニくる。
「・・・結局はゲームみたいなもんなんだろう?」
シュウがフェナに聞く。
「ゲーム?」
マコトが口を開いた。
「オレはやらないが、ゲームかなんかであるだろう。このタイプはあのタイプに効果的とか。そのタイプ=属性ってことだろ」
「まぁそんなもんですわな」
フェロはまぁ納得。

「どの属性が、どの属性に強いか、分かる?」
カエデが聞く。
「はぁ。まぁこれを見てくだはいな」
フェロが紙を広げた。

日は水に弱し、土に強し。
月は月に弱し、星に強し。
星は木・月に弱し、金に強し。
木は火に弱し、星に強し。
水は土に弱し、日に強し。
金は星に弱し、火に強し。
火は金に弱し、木に強し。
土は日に弱し、水に強し。

「なんだよ。早くその紙だせよな。全くつまんねぇ説明しやがって。」
「そーだそーだ!」
フェアとリョウタが一心同体。
「月は月に弱しって・・・同じ属性じゃない」
カエデが言った。
「それはぁ、月は1人じゃ光れない~つまりぃ、自分のなさけなさに弱いってことなんだしぃ~」
フェミが言った。
「おいおいおい!同じ属性同士は全部こうかねぇんじゃねぇのか?なんで月だけ?」
リョウタがまたまた脅迫気味。
「・・・」
フェミは無視!
「・・・・・・生意気だろうよ!このくそ!妖精のくせによ!1mも身長ねぇくせによ!」
「・・・」
フェミは無視!

「死ね!」
リョウタはプンスカ。

ガザザザザザザ・・・!

「いやぁ!なにあれ~!」
ハナミが泣き叫ぶ。

・・・8人の目の前には・・・

巨大カタツムリ?!

スポンサーサイト



別窓 | フェアリーファンタジー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<♯4 チカラ | ~フェアリーファンタジー~ | キャラ紹介2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ~フェアリーファンタジー~ |

自由にどうぞ♪

©Plug-in by PRSU