FC2ブログ

現在の訪問者数:  
♯15 無愛
2006-11-29 Wed 20:36
光らない・・・?
あたしの心に・・・愛がない・・・?

冷静なはずのヒカリの頭に・・・焦りが襲う。

「だって・・・比べてみてくださいよ。仲間の1人1人の学校・・・家での生活を思い出してください・・・あなたと違う、何かがあります・・・」

「まず、リョウタとかいう子を見てみましょう」
そこに、スクリーンが映される。
「なんです、このスクリーン?!」
フェネが叫んだ。
「これですか?・・・フフフ・・・まぁ見てくださいよ」
ピコフェアは小声で言った。
「あ、リョウタさん!」
スクリーンに映されるリョウタ。

『母さん!メシまだ?!』
『せっかちね、待ってなさいよ。今日は、手作りデザートあるからさ』
『マジで?!よっしゃぁ!』
明るい微笑のリョウタ。
「あなたは・・・母親の手作り料理なんて・・・食べたことありますか?」
「・・・」
ヒカリは何もいえない。

「次はカエデという方ですね」
ピコフェアが指を鳴らすと、画面が変わった。
『カエデ~、ダッシュだって!』
『うん、分かった』
『大変だよね~、てゆうか、昨日テレビ見た?!』
『見たみた!おもしろかった・・・』
スクリーンからもれる、明るい声。
「あなた、友達とテレビの話なんてしたことないでしょ」

「・・・次はマコトさん・・・ですか」
『父さん・・・また残業かよ』
『・・・マコトへ、父さんは、今日も残業だ・・・でも、お前の誕生日はちゃんとプレゼントあるんだからな。くずの父親といっしょにするなよ。夕飯は、カレーだ。定番すぎっていうなよ・・・・父さん』
『なんだよこれ。バカみてぇ』
「あなた・・・親から書置きすらもらったことないでしょう」

「・・・次は・・・アキトっていう方か」
『もうやだ~!おちる!中学校統一模試におっちゃうよ~~~~!』
『アキトはオーバーなんだよ。大丈夫だって。オレもできないのは一緒さ』
『・・・君というヤツは・・・一緒に頑張ろう!』
「あなた・・・習い事の友達に、一緒に頑張ろうなんていったことあります?いわれたことあります?」

・・・ピコフェアの一言一言が・・・ヒカリの胸に突き刺さる。

「さてさて、お次は・・・ハナミさんか」
『お母さん~。ハナミね~テストがなんと92点だったのよ!』
『すごいじゃないハナミちゃん!おめでとう!』
『ありがとう!嬉しいわ!』
「・・・おめでとうなんて・・・母親に言われたことないでしょ」

「えっと、ユウくん・・・だったっけ?次は」
『お兄ちゃん!』
『ユウ!』
『お兄ちゃん・・・寂しかったよ』
『ユウ・・・お前・・・』
『お兄ちゃん、大好きだよ』
『あったりまえだろ・・・ユウ』
「大好き・・・あなたの辞書にはないでしょ」

「ヒカリさん・・・」
フェネは心配そうだ。

「あなた・・・頭の中で考えてる。親が離婚して、7歳のときにおじいさんがなくなって、寮暮らししてるシュウって人も、愛なんかないって。・・・違いますよ」

『みんな~ご飯だよ!』
『わぁい!おばちゃんの作るご飯、うまいよね!』
『おねえさんとおよびっ!』
『シュウ兄ちゃん~ハンバーグ、食べないの?』
『なんだお前、食いたいのか?』
『くれるならちょうだい!』
『・・・べつにいいけど』
『わぁい!』
『シュウ悪いネェ、一番年上だからって、無理することないんだよ?』
『ムリはしてないよ』

「・・・ね?みんな、誰かから愛され、誰かを愛しているんです。・・・あなたはどうですか?いつも完璧でないと怒られ、完璧なのが当たり前と想っている親。親はあなたのこと、道具扱いしてるんですよね。親は仕事が忙しいから、話す機会もない。学校ではバリアー貼って、周りをよせつけない。・・・愛なんてこれっぽっちもないでしょう?」
「・・・」
「ヒカリさん・・・」
なにも言い返せないヒカリを心配そうに見守るフェネ。

「愛されたくなくて・・・こうしてるんじゃないのに・・・。じゃぁどうすればいいの?!あたし・・・どうしたら・・・」
ヒカリはうずくまった。
「愛を知りたい・・・知りたいなら・・・デビフェア様を愛すんです。・・・そうすれば、フェアッチは光りますよ」
「そんなことできるわけないです!」
勢いつけて反論するフェネ。

「愛があれば、フェアッチが光る!それでいいじゃないか!」
「よくない!そんなの!ダメに決まってるじゃないですか!」
「一生フェアッチが光らなくていいのか!」
「ヒカリさんだって、愛ぐらい、いつか知りますよ!」

「愛が・・・愛があれば・・・あたしがもっと明るければ・・・」
ヒカリが自分を攻め立てる。

「さぁ?どうしますか?」
「ヒカリさん・・・」

・・・どうするのが、

どうするのがいいんだろう・・・


優等生にも解けない問題・・・それは・・・

愛を知る方法。
スポンサーサイト



別窓 | フェアリーファンタジー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<♯16 無力 | ~フェアリーファンタジー~ | ♯14 光>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ~フェアリーファンタジー~ |

自由にどうぞ♪

©Plug-in by PRSU