FC2ブログ

現在の訪問者数:  
♯1~10 総まとめ!
2006-11-25 Sat 15:28
♯1 突然に

4~6年生でくる、伝統行事の自然教室。
その中の1班である、リョウタたちのグループは、とりあえず性格バラバラ。
平和だと思っていたが、まさか、あんな世界にいくなんて・・・
『・・・知らなかった。 あんなことが、本当におきるなんて。』
♯1を読む!

♯2 不思議

目の前に飛び込んだのは、海、山、森・・・果てしない自然の世界。
明らかに現実とは違う世界に、驚きを隠せない。そんな中、シュウの持っていた小型パソコンが頼み綱・・・とおもったら、電気がないため、パソコンがつかなかった!
『ただの世界じゃないだろ。谷に落ちたのに、服が濡れてない』
♯2を読む!

♯3 謎

いきなり現れたフェアリーモンスター!・・・戦いには、属性が関連しているらしい。ややキレ気味のリョウタはながったらしい説明をするフェロに脅迫気味。・・・謎のフェアッチ、謎の妖精。すべては謎だらけとなってしまった!
『なんだよ。早くその紙だせよな。全くつまんねぇ説明しやがって。』
♯3を読む!

♯4 チカラ

突然現れた、巨大カタツムリ!8人はかなりパニくる。逃げても逃げても差は縮まらない。そんなとき、ユウが転び、マコトがそれをかばう・・・その直後、カタツムリが襲う!・・・しかし、カタツムリに巻きつかれたのは、マコトではなく、リョウタだった!
『いやだ!離れない。人間と妖精でも、パートナーだろ?!守りてぇよ!』
♯4を読む!

♯5 気配

リョウタを救った、フェアッチの光。それは一体なんなのか・・・。そんな中、8人は海へとたどり着く。さっさと行こうというリョウタ。休もうというマコト。意見のくいちがいで大喧嘩!そのケンカを止めたカエデにやつあたりするリョウタ・・・。
『さすが料理の鉄人!学年みんなが知ってるからね』
♯5を読む!

♯6 影

昨日感じた気配はなんだったのか・・・そればかり考えるシュウは周りについていけない。周りはシュウの異変に気付くが、大きくとらなかった。・・・8人は火山を登るハメに!・・・てっぺんで転んだユウは、マグマの中へ入ってしまった!
『死ぬなぁぁぁぁぁああああああああ!!』
♯6を読む!

♯7 一線

シュウの中に入り込んだカゲフェア。・・・それを取り除くには、シュウを殺すしかないという。・・・殺せないリョウタ。殺せというシュウ。果たしてどっちをとるのか・・・?!と、いうときに、火の鳥が現れた!
『イヤだ!もう、あのハーモニカが聴けないのは、ヤダァ!』
♯7を読む!

♯8 成長

・・・妖精が新しい技を出す条件。それは、人と妖精がつながること・・・そう分かった8人は、次なる場所へ歩き出す。そんな中、カエデに甘えてばかりのフェミ。リョウタはそんなフェミにキレまくり。カエデはストレスを感じ、1人でどこかへ行ってしまった!
『・・・不安なの。・・・このまま、フェミだけ成長しないんじゃないかって・・・』
♯8を読む!

♯9 はじめて

がけから落ちそうになるカエデ。それを助けるフェミ。カエデとフェミの誤解がとけ、1つにつながったとき、「ずっとまってた!」といったフェミ。どういうこと・・・?と思いつつも、フェアッチは大きく光る!
『バカ!少しは周りを見ろよ?!みんな、なれない環境で疲れているんだ!』
♯9を読む!

♯10 責任

意見のくいちがいで始まった、リョウタとマコトの殴り合いは、次第にアキトへ向けられる。僕だって、何にも考えてないわけじゃない!アキトはみんなに猛反発してしまう。そしてその夜、一人でであるくアキトがみたものは・・・
『なんだいなんだい!都合よく、僕を利用して!』
♯10を読む!
スポンサーサイト



別窓 | あらすじ&ひとっとび | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あらすじ&ひとっとび! | ~フェアリーファンタジー~ | ♯10 責任>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ~フェアリーファンタジー~ |

自由にどうぞ♪

©Plug-in by PRSU