FC2ブログ

現在の訪問者数:  
フェアリーファンタジー 主なキャラ紹介
2006-11-06 Mon 20:12
登場人物紹介ですw

●赤川リョウタ(小5)
 考えるよりすぐ行動という性格で、喜怒哀楽の激しいタイプ。メンバーのリーダーシップをとり、積極的に敵に向かっていくが、少し無鉄砲なところがある。野球部に所属しており、運動においては自信があるが、勉強ができないのはお約束。ちょっと騙されやすいのが難点でもあるが、ムードメーカーとして、チームをまとめる。笑顔の耐えない、にっこりマークな少年だ。

●関根カエデ(小5)
 リョウタとは腐れ縁で、運動神経ばつぐん。リョウタとマコトの衝突を止めに入るなど、少々男勝りなところも。何かとみんなのお姉さん役として頑張っている。しかし、歌のセンスはものすごくヒドく、その歌は、人を瀕死寸前に追い込むほどの威力。史上最悪のオンチ。将来は、かっこいい人のお嫁さんになりたいらしい。まがったことが大嫌いな、正々堂々とした子だ。

●竹松マコト(小5)
 誰に対しても過保護で、何かする前の事前調査を重視するため、性格の合わないリョウタとは、よく衝突する。安全第一な反面、時々自分を見失う傾向がある。周りより遅れていると、必要以上の不安を感じて、それを解決するためなら、手段を選ばないという困った面も持っている。サッカー部のエースとして活躍していたりもする。リョウタとカエデとは、永遠の腐れ縁??

●古泉シュウ(小5)
 母親が外国人で、お互いの不倫で2歳のときに両親が離婚。夫の父親に引き取られるが、7歳のときに捨てられて、現在は寮暮らし。そのため、一匹狼な性格になり、涙を人に見せなくなった。文武はもちろん、料理も家事もできないものはない??仲間から絶対の信頼を得るが、恋愛に鈍いという、困った面も。ハーモニカが意外な特技。周りを1番見ている人でもある。

●出井花ヒカリ(小5)
 学年1の美女。成績優秀。何事においても完璧だった姉が死んで、それをトラウマとしている母親を元気付けようと、何事にも頑張るが、一向に回復の気配はない。空手黒帯を持っていて、怒らせたら1番怖いのはこの人??口数が少なく、少しキツい性格かも。年下にも「さん」づけで呼ぶのがお約束で、自分で殻を作っているのも特徴か?シュウと一緒の生徒会の役員だ。

●奥大辞アキト(小6)
 このグループ最高年者として、責任をもっている。かなりの運動オンチで、50m走るのに14秒かかるとか。将来は、とう●いに入ることを目標としている。みんなのために一生懸命なのだが、空回りすることが多く、からかわれることもしばしば・・・。意外にボケてる性格で、あまり最年長に見えないのも、ひとつの特徴だ。眼鏡をものすごい数もっていて、ある意味眼鏡オタク。

●森風ハナミ(小4)
 何事にも純粋で、黒のない心に育った、お洒落な子。だが、お嬢様で、不自由ない家庭で育ったため、ワガママで弱音をはきがち。仲間から呆れられることも多く、少しのことで泣いてしまう性格が、それをますます悪化させている。意外に平和主義な面を持っており、誰かが死んだり苦しんだりするのは見たくないという。部活は吹奏楽部で、トロンボーンを担当している。

●花山ユウ(小4)
 マコトの異母弟で、過保護に面倒をみられる。マコトにおいている信頼は確かなもの。深い兄弟愛を築く。本人は、天然で、とことなく悪い心を知らない性格に育った。最近は、強くなることを目標においているらしい(??)少し子どもっぽい性格をしており、ほんわかとしている。部活は何もやっていないが、何事にも、最後までやりとおそうという、好奇心旺盛な性格だ。

●穂高アミ(小4)
 シュウと一緒に寮暮らしをする女の子。プライドが高く、クールの裏に入った熱血を呼び起こすと、誰にも止められないくらいに徹底的に暴れる。小4とは思えないほどのしっかりした性格は、シュウ譲りか?普段は名字呼びのシュウも、アミのことだけは下の名前で呼ぶ。この2人の信頼関係は厚いのか?相手が年上でも得体が知れない人でも、立ち向かっていける。 
スポンサーサイト



別窓 | キャラクター紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<♯1 突然に | ~フェアリーファンタジー~ |
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ~フェアリーファンタジー~ |

自由にどうぞ♪

©Plug-in by PRSU