FC2ブログ

現在の訪問者数:  
みんなのGW! ?
2009-05-30 Sat 15:27
これまでのお話は、こちらからチェック!→第1話  第2話  第3話  第4話


誘拐事件!幼き子供のSOS! ?



「あああああ!」
窓ガラスが砕け散る音が響き渡る。
破片が飛ぶ。何かの着地する音がする。
「何?」
カエデが恐る恐る目を向けた。

「みなさんを解放してください!」

そういう人物は、長く黒い髪をなびかせた。

「ヒカリ!」
リョウタは思わず叫んだ。
「どうしてここに?というか、どうやって?」
「これですよ」
アキトが目を丸くしながら聞くと、ヒカリはあるものを取り出した。
「スノーボード?」
マコトはそれを見て言う。
「はい」
ヒカリは頷いた。


――ヒカリ潜入前

「この廃墟です」
「オンボロね」
誘拐犯のいる廃墟に辿り着いた3人は、その廃墟を見上げた。
「まともに入ったら捕まるな」
「ですよね。みなさん無事でしょうか」
シュウの言葉に、ヒカリは心配そうな表情を浮かべる。
「見て!あれ!」
アミは、廃墟の1部屋を指さした。
大柄な男が、窓を塞いでいる。
「あれが誘拐犯ね!」
アミは大げさに頷く。

「あの距離か・・・・・・」
シュウはしばらく考えた末に、
「突入できなくもない」
と言いきった。
「え?一気にあの部屋に?」
アミが驚いてたずねる。
「これを使えば、できなくもない」
シュウが見せたのは、青いスノーボードだった。
「どこから持ってきたの?」
「そこにあるごみステーション」
シュウが指を差した先には、袋の山になっているごみステーションだった。
「ねえねえ。人のごみを無断使用するのって、何かの法律に引っかからないよね」
「立派な再利用だろ。戻しておけばばれない」
(シュウ兄ちゃんは変なところで悪なんだよな・・・・・・)
アミはその言葉を飲み込んだ。

「それを使って、どうするんですか?」
ヒカリがスノーボードを見ながら聞くと、
「向かいの廃墟から突入する」
シュウはそう答えた。
つまり、向かいに建っている廃墟から、スノーボードに乗って、飛び降りながら窓をかち割ろうということなのだ。
「なるべく体重が軽い方がいい。あと、犯人を動揺させられる攻撃力も・・・・・・」
「それならヒカリじゃない?空手やってるし」
アミが意見すると、
「分かりました」
ヒカリは頷いた。
「アミは、近くの交番に行って、なんとか警察を説得してこい」
「うん」
シュウの指示どおり、アミは交番に向かった。
(今日のシュウ兄ちゃんは、キレたら怖いぞ~。だって・・・・・・)
アミはそんなことを考えていた。

「準備できたか?」
「はい」
「行くぞ」
スノーボードに乗ったヒカリを、シュウは一気に押した。
「あああああ!」
ヒカリは犯人の背中に向かって突撃した。


「またガキが増えた!」
犯人は、予想外の侵入に動揺している。
「みなさんを解放してください」
ヒカリはそう言いながら、空手の構えをとった。
「ふん。ガキがいい気に空手をやっているのか」
「ヒカリをなめるなよ!瓦も割れるし、黒帯なんだぞ!」
リョウタが叫ぶ。
「くるなら来い」
男はジェスチャーで、かかってくるように示した。

ヒカリの動きは俊敏だった。
腰を低くし、拳を握った右手を後ろに引き、相手の懐に潜り込むまでに、0.5秒もかからなかった。
そのはずだった。
「ふん」
男は右手でヒカリの手を掴み、そのままそれを引っ張った。
「あ!」
ヒカリの体勢が崩れる。
「この程度で黒帯か」
男の手が、ヒカリの首に回った。

「ヒカリ!」
カエデが金切り声で名を呼ぶ。
黒帯の実力者でも敵わない。
全員の希望が消えた。
「その動き・・・・・・護身術ですね?」
「よく知ってるな。誘拐犯たるもの、このくらいできないとやってけねえよ」
ヒカリの質問に、男は笑みを浮かべて答えた。

このまま人質にされて、身代金と交渉されてしまうのか・・・・・・


絶望が支配した。
スポンサーサイト



別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
みんなのGW! ?
2009-05-30 Sat 14:45
これまでのお話は、こちらからチェック!→第1話  第2話  第3話


誘拐事件!幼き子供のSOS! ?


――そのころ

「シュウ兄ちゃんなら、アミ姉ちゃんとお買い物に行ったよ」
パーフェクトな人間、シュウの住む寮に駆け込んだヒカリは、その言葉を聞いて肩を落とした。
「そうですか・・・・・・」
「何の用事?」
ヒカリの前に立っている男の子が、怪訝そうな顔をして聞いた。
「いえ、ちょっと」
「シュウ兄ちゃん、今、構わない方がいいと思うよ」
「え?」
男の子は、少し迷ったような表情をしてから、口を開いた。
「じつは・・・・・・」

――両手にスーパーの袋をぶらさげたシュウは、街の中をつかつかと歩いていた。
「待ってよシュウ兄ちゃん!」
その後を、手ぶらのアミが追いかける。
「やっぱり私も手伝う。だって・・・・・・」
「いいよ。俺が負けたんだ」
シュウは目を合わせることもなく、無機質な声で答えた。
「駄目。シュウ兄ちゃん、絶対怒ってる!」
「怒ってない。もともとこういうのは俺の役目だし。ただ・・・・・・」
「シュウさん!アミさん!」
シュウの言葉にかぶさるように、息の切れた声が聞こえた。

「はあはあ。良かった。やっと見つけました」
「ヒカリじゃない。どうしたの?そんなに慌てて」
膝に手をつけて呼吸を整えるヒカリに、アミが声をかける。
「大変なんです。リョウタさん達が、誘拐犯のいる場所に侵入して・・・・・・」
「誘拐犯?!」
ヒカリの言葉に、アミが大げさに声を上げる。
「警察には連絡したのか」
「はい。でも、信じてもらえなかったみたいで」
「どうせ変な言い方したんだろ」
シュウは呆れて息をついた。

「とりあえず、その場所に連れて行って!」
「分かりました」
「シュウ兄ちゃんも!」
アミの言葉で、3人は走り出す。
だが、シュウは、ふと足を止めた。
「見て見てー!」
子供達が、和気藹々と遊んでいる。
シュウはそれをしばらく見つめてから、
「なあ」
と声をかけた。


――廃墟の中は、光のあまり差し込まない暗闇だった。
正確に言えば、窓のようなものはあるのだが、大柄の男がその前に立って、明かりを塞いでいた。
「まったく。近頃のガキどもは、ヒーロー気取りで警察ごっこか?」
サングラスをかけたその男は、にやりと不気味な笑みを浮かべる。
「んー。んー!」
部屋の隅から、小さな女の子のくぐもった声がする。
リョウタはそれを確認してから、
「やっぱり、お前が誘拐犯か?」
と聞いた。
「ああ」
男は余裕そうに頷いた。

リョウタ達は、くしゃみの音で潜入に気づかれてしまい、男に手足をロープで縛られていた。
抵抗はしたのだが、男の意外な動きにより、塞がれてしまったのだ。

「ちょうどいい。お前らの親からも、大量の金をぶんどってやろう」
「ははは。無駄無駄。俺の家貧乏だから」
男の言葉に、リョウタは愉快そうに笑った。
「だって、聞いてくれよ。俺の家、肉は1番安い鶏肉で、しかも生活用品は、『セットでお得!』しか買わないんだ。フリーマーケットでは値切りに値切って40%引き、さらに・・・・・・」
「ふざけるな!」
リョウタの目の前には、鋭く光る鋼鉄。
ナイフだった。
「お前の家庭事情なんかどうでもいい。俺がほしいのは金だ」
男はナイフの刃を、さらにリョウタに近づける。

「うわああ!お願いします!命だけは!僕、まだ、科学のプッチンコン・リップルルン博士を最終回まで読んでないんです!南無阿弥陀仏!キリスト様!春はあけぼのようよう白くなりゆく山ぎは・・・・・・」
「枕草子を暗唱してる場合じゃないだろう!」
アキトの壊れっぷりに、マコトが突っ込む。
「うわああん!嫌だよお!」
「お願いします!命だけは!」
ユウとカエデは、涙声で訴える。

「ぎゃーぎゃーうるさいガキ共だ。殺されてえのか!」
男のナイフが振り上がる!

「うわああ!」
「きゃああ!」
「徒然なるままに日暮硯に向かひてえええええ!」
「今度は徒然草か!」
「助けてえええ!」

5人は目をつぶった。
別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
みんなのGW! ?
2009-05-23 Sat 18:21
これまでのお話は、こちらからチェック!→第1話  第2話


誘拐事件!幼き子供のSOS! ?


「潜入だああああ!!」
なぜこうなったのかを、過去を思い出して説明すると、こうである。

「ここは大人をよんだ方がいいだろう」
マコトの言葉に、アキトが横で頷く。
「でも、早く行動しないと、女の子が危ないわ」
カエデが言うと、
「こうなったら、俺達がこてんぱんのすっからぴんにしちまうしか・・・・・・」
「お前にできるわけがない」
「何ぃ?!」
「喧嘩しない!」
リョウタとマコトの言い合いに、カエデが仲裁を入れる。
「大人の方々は、信じてくれなさそうですし・・・・・・」
ヒカリが困ったような顔をする。

「誰かいないのか?大人並みに頼りになる、頭が良くて運動ができて落ちついているパーフェクトな人間・・・・・・」
アキトは、そこまで言って、言葉を止めた。
そんなパーフェクトな人間は・・・・・・

いる!!


「私が呼びに行ってきます」
「頼んだぜ」
ヒカリが、その人物のもとへ向かった。
「残った俺達は、どうするんだ?」
「決まってるだろ?」
マコトの言葉に、リョウタが不気味に微笑む。
「い、嫌な寒気が・・・・・・」
アキトは体を震わせる。

「潜入だああああ!!」

・・・・・・そして、今現在に至る。

そのビルの中は、黒ずんでいて、暗みがかかっている。
「ちょっと怖いね」
ユウは、マコトの服のすそを掴んでいる。
「ああ・・・・・・気をつけないといけないな」
マコトはユウの少し前を歩きながら、辺りを見回している。
「犯人はどこにいるのかしら」
カエデは、小声で言いながら、注意を払っている。

「うっ」
突然、アキトが妙な声を出した。
「どうした?」
マコトが聞く。
「はっ、はっ・・・・・・」
アキトは何かを押しとどめているようだ。

まさか・・・・・・
くしゃみ?!

「馬鹿!」
リョウタがアキトの口を塞ぐ。
「はっ」
今度はリョウタが、くしゃみをしそうになる。
「こらえろ!」
マコトがリョウタの口を塞ぎ、
「はっ」
くしゃみがうつる。
「駄目!」
カエデが塞ぐが、再び、
「はっ」
「我慢して!」
ユウも同様に、
「はっ」

はっ、はっ・・・・・・


はああああああくっしょん!!



その音は、廃墟の中に響き渡り、木霊した。

あはは。ばれていないよね。このビル、広いもんね。
ってか、犯人が、この音で気絶しててなんか・・・・・・

コーン コーン・・・・・・

「してないよなあ?!」
5人は同じ期待を持ち、同じ期待を裏切られた。

足音が大きくなっていく!

「いやああああ!」
別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
みんなのGW! ?
2009-05-23 Sat 16:22
これまでのお話は、こちらからチェック!→第1話


誘拐事件!幼き子供のSOS! ?


4人はユウの家へと向かった。
「あれ?みんなそろって、どうしたの?」
ユウは不思議そうな顔をして、玄関に出てきた。
「これからみんなで集まるんだけど、ユウもどうだ?」
「もちろん行くよ」
マコトの言葉に、ユウは頷いた。

「次はヒカリの家だな」
リョウタが言うと、
「そうね」
とカエデが答えた。

人気の少ない路地に入る。

「ここらへん、廃墟多いよね」
ユウが呟く。
ここの一帯は、かつては栄えていたが、今は古びた建物と、店の廃墟が作り出す、寂しい地域となっていた。
「あのビルなんか特に古びて・・・・・・ん?」
アキトが声を裏返らせた。

そのビルに、何者かが侵入しようとしている。

1人は、手足を縛られ、水色のワンピースを着た、幼稚園くらいの女の子。
もう1人は、怪しげなコートに、サングラスとマスク・・・・・・

「アキト!あれって・・・・・・」
「間違いない。ニュースでやってた・・・・・・誘拐犯だ!」
「誘拐犯?」
リョウタとアキトの会話に、マコトが聞く。
「さっきテレビで見たんだ。女の子を誘拐した犯人がうろついてるって」
「とりあえず、警察に連絡をしないといけないだろう」
アキトの言葉に、マコトが意見した。
「いや。犯人は、凶器を持っているらしい。下手な行動は危険だ」
「凶器を持っているなら尚更だろ?」
アキトとマコトが言い合っているうちに、犯人は廃墟のビルへと入って行った。

「よし。ここは、スーパービューティフルエキセントリックアッパーをくらわせて・・・・・・」
「それだけはやめて!」
腕まくりをしているリョウタを、カエデが止めた。
「ヒカリの家に行って、警察に電話しよう」
そう意見がまとまり、5人はヒカリの家へと向かった。

「どうしたんですか?そんなに慌てて・・・・・・」
ヒカリの部屋にかけこんできた5人を見て、ヒカリはいぶかしげに首を傾ける。
「この近くに、誘拐犯がいるの!子供と一緒に!」
「え!」
「だから、電話を借りようと思って」
カエデが説明すると、ヒカリは声をあげて、
「分かりました。入ってください」
と誘導した。

「もしもし!警察か!大変なんだ!誘拐犯が!」
電話をしたのはリョウタで、礼儀も敬語もなってない荒い口調で叫んだ。
『はっはっは。警察は忙しいんだ。そんな冗談言わないでおくれ』
「マジなんだって!廃墟のビルに入って行くのを見たんだよ!」
『子供が大人をからかうなよ~』

ツーツーツー

「・・・・・・この・・・・・・オタンコブじじいがあああああ!!」
リョウタは受話器を投げ、悪態をついた。
「信じてもらえなかったのか」
アキトが溜息をついた。
「確かに、礼儀のなってない生意気小学生の言葉なんて、信じてもらえないか」
「何ぃ?!」
マコトの言葉に、リョウタが声を荒げる。
「喧嘩しないでよ!」
カエデが2人を止めた。
「私達だけで、何とかしないといけませんね」
ヒカリが深刻そうな顔をする。


ここから惨事は始まった。
別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
みんなのGW!
2009-05-23 Sat 15:45
みんなのGW!

リョウタ「いきなりわけわかんねーこと言うんじゃねえよ!」
作者「みなさん!今年のGWは、渋滞激しかったらしいですけど、楽しく過ごせましたか?田舎者の作者には全く関係ないけどね!」
リョウタ「無視かよ!」

ハナミ「今年のGWは楽しかったわ~。パリで有名コックのフルコース食べて~」
カエデ「いいなあ」
マコト「俺達は散々な目に遭ったけどな」
ハナミ「え?何?」
アキト「というわけで、今回の番外編は、残酷なGWを紹介!」


誘拐事件!幼き子供のSOS! ?


『ボンソワール!(ごきげんよう)
私、今、パリにいるの!
すっごく楽しいわよ!
お魚フレンチに、ビーフトロロガンフ・・・・・・
とにかく楽しいの!
みんなも、よいGWを!
                            世界1プリティで美しい 森風ハナミ』

「・・・・・・ったく。お嬢様だからって、こんな自慢レター送りつけるなよな」
赤川リョウタは、郵便受けに入っていたポストカードを見て、溜息をついた。
「ムカツク~!けど、うらやましい~!」
そして、しまいには、そのカードを投げだす始末。
リョウタは、GWにどこにも行く予定がないため、海外旅行をしているハナミを妬んでいるのだ。
「気晴らしに、外に出よう」
リョウタは家を飛び出した。

「あ~あ、つまんねえ」
リョウタは両手をポケットに入れながら、町をぶらぶらと歩いていた。
「ん?」
信号待ちをしていると、横断歩道の向こう側に、見覚えのある姿。
重たそうな黒い鞄、真面目そうな服、そして・・・・・・メガネ。
「アキト!」
リョウタが叫ぶと、向こうも気がついたようで、
「リョウタじゃないか!」
と言葉を返してきた。

「何やってるんだい?こんなところで」
「暇だから、ぶらぶら。アキトは?」
「塾の帰りだよ」
2人は歩きながら会話をしていた。
「そういえば、ハナミの手紙読んだ?」
「ああ、あの自慢レターだろ?読んだ。ムカつくくらいに羨ましいぜ」
リョウタは「俺の家も金持ちだったらなあ」と嘆きはじめた。

『次のニュースです』
電気屋の最新地上デジタルテレビが、ニュースを流していた。
『今、飯野カリンちゃん5歳を誘拐した男が、○市を逃走中です。犯人は、黒いサングラスにグレーのコートを着て、警察官から強奪した銃と、果物ナイフを所持しています。見かけましたら、警察まで・・・・・・』
「誘拐事件か。身代金目当てかな」
「たぶんね」
リョウタの言葉に、アキトが答える。

この時は、他人ごとだと思っていた・・・・・・

「リョウタにアキトじゃない!」
と声をかけられたのは、2人が学校の近くを通った時だった。
「カエデ!それにマコト!」
リョウタが声を上げる。
そこにいたのは、部活帰りの、カエデとマコトだった。
「ずいぶん変わった組み合わせだな」
マコトが2人を見て微苦笑する。
「途中であったんだ」
アキトが答えるように言った。

4人は、アイスクリームをなめながら、街中を歩いていた。
「僕のなけなしのお小遣いが・・・・・これで、マンガ『科学のプッチンコン・リップルルン博士』と、堂本柴三郎の最新作演歌CD『海よ波よ俺よ』を買おうと思ったのに・・・・・・」
アキトはとぼとぼしている。
ジャンケンで、アキトがアイスクリームをおごることになったのだった。
「細かいこと気にすんなって。その『科学のプッチンプリン・リップクリーム男爵』も、『肉よ金よ神よ』も売り切れやしないって」
リョウタはチョコアイスを舐めながら、アキトの背中をたたく。

「ねえ。せっかく4人も揃ったんだしさ。冒険メンバーみんなで集まらない?」
ふと意見したのはカエデだった。
「そうだな。ユウも、今日は暇だって言っていたし」
「ヒカリもよんで、シュウとアミの寮に押し掛けようぜ」
こうして、気まぐれに、みんなで集まることが決まったのだった。

このあと、この気まぐれのせいで、大惨事が起こるとも知らずに。
別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ~フェアリーファンタジー~ |

自由にどうぞ♪

©Plug-in by PRSU