FC2ブログ

現在の訪問者数:  
~summer 1~  再び、ここに・・・
2008-03-19 Wed 22:47
「・・・ん・・・」
意識が朦朧とする・・・

・・・まずは、覚えていることを整理しよう・・・


オレは赤川リョウタ。中学1年、野球部。うん。覚えてる。

今日は、関根カエデ、竹松マコト、古泉シュウ、出井花ヒカリ、奥大辞アキト、森風ハナミ、花山ユウ、穂高アミとの約束で、映画を見ることになったんだっけ・・・

そう。2年前の冒険の終わりが、今日だったんだ。

だから、冒険した9人で集まって、映画見てたら光がヤバくて・・・・・・


・・・そうだ!思い出した!!


「みんな?!みんなは?!」
すべてを思い出したリョウタは、がばっ、と起き上がり、声をかける。

「大丈夫よ」
横から声をかけてきたのは、カエデだ。

「なんだなんだ?!せっかく映画見てたのに・・・」
アキトは不満そうだ。


「この世界・・・2年前の・・・」
「あ・・・」
シュウの一言で、全員が辺りを見回す。

・・・そうだ・・・この風景・・・

2年前、9人で冒険した、あの異世界だ。間違いない!!


「どうして、今さらこの世界に?」
マコトは、座り込んで考える。

「待って!この世界に来たなら・・・フェンに会える~~!!!」
ハナミは涙して叫ぶ。


・・・そう。2年前・・・子供達は、パートナーの涙の別れをしていた。

それ以降、1回も会っていない。

ここの世界に来たということは、パートナーに会えることになる。


「そっか!会えるんだね、フェムにっ!」
ユウも、満面の微笑みを浮かべる。

「でも、待って。妖精が誰1匹いないわ。何かあったんじゃないの?」
現実を見ているヒカリは、現実問題を挙げた。

「そうだそうだ!なんでこの世界にきたんだ?!僕たちは!どうやって?どういう目的で?!」
アキトも、現実主義なようだ。


「とりあえず、誰かいないか探そう」
「そうね・・・」
リョウタの言葉に、うなずくカエデ。

・・・森の中(森というより、ジャングルに近い)を歩き回る子供達。

「ふぅ・・・あっついわねぇ・・・」
汗をぬぐうハナミ。

「なんの手がかりもないな・・・」
「疲れたよ、お兄ちゃん」
ため息をつくマコトをよそに、弱音を吐くユウ。

「どうすれば帰れるのかしら・・・万が一のことを考えて、最低限の生活用具があればいいんだけど・・・」
カエデが、心配して言った。

「そうだな・・・みんな、何持ってきたんだ?」
・・・と、いうわけで、全員の持ち物チェックが行われた。


~リョウタの持ち物~

・10点のテスト  ・カードゲーム一式
・ゲーム機(ソフトつき)  ・CD


「ろくなものが入ってないな」
呆れかえるマコト。

「しょうがないだろ?!こんなとこに来るなんて、分からなかったんだから」
「・・・にしても・・・10点のテストは・・・」
反抗するリョウタに、再び愛想をつかすカエデ。


「そんなこと言うなら、お前らの持ち物見せろよ?!」

・・・と、言うわけで。

~カエデの持ち物~

・携帯  ・くし  ・ティッシュ  
・ハンカチ  ・マンガ


「最後のマンガは必要なのか・・・」
「しょうがないでしょ?!友達にかりてから、待ち合わせ場所に行ったんだもん!」
マコトの言葉に、必死に反抗するカエデ。

「次はマコトな~!」
リョウタは、強引にマコトのカバンを奪い取る。


~マコトの持ち物~

・ポケベル  ・小田切山隆三郎のサイン
・リストバンド  ・ノート


「小田切山隆三郎のサインはなぜ・・・?」
「友達からもらったんだ」
アキトの挙げた疑問に、恥ずかしそうに答えるマコト。

「次はアキト!」
リョウタの指示で、アキトのカバンを強制チェック。


~アキトの持ち物~

・筆記用具  ・参考書  ・ノート
・映画“男の演歌”パンフレット


「勉強道具ばっかり・・・」
「パンフレットはいつもらったんだ・・・」
みんな、すっかり呆れかえる。

「塾の夏期講習帰りだったんだ!しょうがないじゃないか!」
アキトも、必死に反論。

「はぁ・・・まともな持ち物持ってきてるヤツはいないのか?」
「はいはーい!」
リョウタの言葉に、名乗りを上げたのはハナミだ。

「見てみて~!!」

・・・ハナミのバッグ、オープン!


~ハナミの持ち物~

・携帯  ・チョコ  ・キャンディ
・おしゃれポーチ(グロス・アイプチなど)
・ジャニーズのプロマイド


「ジャニーズのプロマイドは必要なのか・・・?」
すっかり呆れるアキト。

「いいじゃない!プロマイドぐらいあったって!」
ハナミはぷんすかしている。

「でも、おやつがあるから、食料にはなるわね」
カエデは、チョコとキャンディを見て言った。

「次!ユウ!」
「はい!」
言われなくても分かってる、とでも言うように、ユウはリュックを差し出した。


~ユウの持ち物~

・スナック菓子  ・スケッチブック
・水彩色鉛筆  ・女の子からのラブレター


「浮気者~~!!離婚よ、離婚!!!!」
持ち物を見て、すかさず叫んだのはアミだ。

「ちっ、違うよ!もらおうとしてもらったんじゃ・・・」
「言い訳しないで!!なんでラブレターなんか持ち歩いてるのよ?!あたしに別れを告げたいわけ?!」
ユウの言葉は、アミの叫びにかき消される。

「まぁまぁ。そんなに言うなら、アミのカバン見せてくれよ」
「・・・浮気者・・・バーカ・・・のろってやる・・・」

・・・今のアミにこの世の言葉は通じない(アミの脳は、あの世にいっちゃってる)ので、勝手に持ち物チェックすることに。

~アミの持ち物~

・携帯  ・映画のパンフレット
・2年前にユウからもらった虹色の羽
・雑誌


「ユウからもらったやつが入ってる!」
「うっそぉ~!意外!」
みんな、驚きを隠せない。

「そうよ、そうよ・・・あたしは愛してたのに・・・あのガキ、浮気しやがって・・・」
「頑張ってアミ!あたしは恋する女の味方よっ!!」
いっちゃってるアミに、声をかけるのは・・・ハナミだ。

「うん・・・ありがとぉ」
「よしよし!もらい泣きしちゃったぁ~!」

・・・2人で抱き合って泣いてる姿は、母と子のように見えたり、珍ペアに見えたり、バカ同士の慰め合いにも見える。

簡単に言ってしまえば、2人とも、いっちゃってる。


「うぅ~ん。ここで生活していくには不十分だ・・・シュウ!君は何持ってきたんだ?」
腕組みしながら、アキトが聞く。

「大したものは持ってきてない」
相変わらずの無愛想で答える。

「そうだね、シュウのバック、軽そうだもんね」
(分かってるなら聞くなよ・・・)
アキトの軽率な発言に、シュウは、ややウザさを感じている。

「そうだ。ヒカリのバックだけ、やけにデカいし重そうだけど?」
話を変えて、リョウタが聞き出す。

「日本で数日間過ごせる用意をしてきたから」
アメリカから来て、空港からやってきたヒカリは、相当な量の荷物を持っていそうだ。

「よっしゃ。ちょっと見せてくれよ」
リョウタの言葉で、ヒカリは、中身をポイポイ出していった。


~ヒカリの持ち物~

・携帯  ・着替え  ・財布(ドルと円)
・食べ残しのお弁当とお菓子
・お弁当(帰りの飛行機内で食う予定)
・スポーツドリンク  ・小型テレビ
・みんなへのお土産(アメリカのお菓子)
・腕時計  ・入国審査のカード
・ハンカチ  ・ティッシュ  etc・・・

とにかく大量で、出しても出してもきりがない。


「食料が結構増えたな」
リョウタはちょっと満足げ。

「この食料が尽きる前に帰れるか・・・せいぜい、誰か妖精を見つけられるか・・・だな」
マコトは、ふぅ、とため息を漏らす。



・・・なぜ、誰もいないのか??

・・・なぜ、この世界に再びやってきたのか??





子ども達の、2度目の長い夏は・・・




まだ、始まったばかり。
スポンサーサイト



別窓 | フェアリーファンタジー second summer | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
~summer 1~  映画館の光
2008-03-19 Wed 22:43
「映画館に行こう!」
・・・なぜこうなったのかは、簡略して説明すると、こうだ。


「ねぇねぇ。久しぶりにみんなで集まったんだから、どこかに行こうよ」
案を出したのは、ユウだった。

「おっ、いいね~どこ行く?」
それにのったリョウタは、行き先を決めようとする。

「遊園地行きたい!」
そう言ったのはハナミだった。

「のんびり図書館!」
これはアキトの意見。

「みんなで買い物しない?」
これはカエデの提案。

「スポーツ観戦とか、盛り上がりそうだな」
マコトの男らしい意見。


・・・全員の意見がまとまらない。

さすが、性格違うもの同士が集まっただけあって、全員の意見が一発で一致することは、ほぼ、ないに等しい。

「うぅ~ん。どうする?まとまんねぇな」
リョウタは、すっかり困り果てた顔をする。

「なんかいい案ねぇか?シュウ」
「なんでオレなんだよ」

リョウタは言葉を振るが(決められないし、みんなから批判されるのがイヤだから)、シュウはそれを見切ってなのか、あっさり言葉を返した。

「うぅん~~ユウ!言いだしっぺが考えるんだ!」
「なんでさぁ。どこ行く?って話題にしたのは、リョウタさんだよ?」
・・・ついにはユウにまで突き放された。


・・・・・・ピッ、ピッ。

・・・さっきから携帯をいじっているのは、アミだ。

「?なにやってるの?メール?」
カエデは、アミの携帯を覗き込む。

「あったあった!今クラスで流行ってる、“おすすめお出かけスポットサーチ”!」
・・・なんのことかは分からないが、お出かけスポットを紹介してくれるらしい。

「ここに、メンバーの性格を入れて、現在住んでるところを入れて・・・送信!!」
素晴らしい、携帯早撃ち技術で・・・送信完了。


「ねぇ、なんなの?“おすすめお出かけスポットサーチ”って」
ハナミは、アミに聞いた。

「知らないの?住んでるところと、遊ぶメンバーの性格を記入して送信すると、住んでるところから手軽に行けて、みんなが楽しめるスポットを紹介してくれるの」
そんなハナミに、呆れたように説明するアミ。

アミの世界で、“おすすめお出かけスポットサーチ”は常識なのだろうが、他の8人にとっては、初めて聞くものであった。

「結果がきた!!」
「見せて見せて!!」
アミの周りに、全員が集まる。


『映画館で、“kiss mail”を見る。
同時上映の“男の演歌”を見る。
その後、おみやげコーナーで、映画で登場してくる、
遊園地のモデルキャラ“ラビリス”のマスコットを買う。
映画に出ている、スポーツ選手“小田切山隆三郎”がゲストで来るので、サインをもらう。』


・・・と書かれていた。


「すっごい無理矢理なスケジュール・・・」
苦笑いのユウ。

「でも、この通りにいけば、ほぼ全員の願望に届くんじゃない?」
「そうだな・・・」
カエデの言葉に、うなずくマコト。



・・・と、言うわけで、映画館行きが決まったのだ。



・・・・・・ビ~~~・・・

ヘンな機械音で、映画が始まった。


『雄一さん!』
『キャサリン!!』


「キャサリン泣ける~~!」
始まって10分で泣いているのは、ハナミだ。

「こんなベタなストーリーに泣けるほうがおかしい・・・」
マコトは全然おもしろくない様子。


『第一雄一、アルミメッキ・キャサリン。あなた達は、永遠の愛を誓いますか?』


(第一雄一とアルミメッキ・キャサリンって、どっかで聞いた覚えが・・・・・・)

カエデとシュウは、2人して同じ疑問を持っていた。


「ごけぇぇぇええ!ぽげげぇぇ!!」
すっかり寝てしまっているのは、リョウタだった。

「・・・・・・」
隣で、ヒカリが苦笑している。


『愛してるよ、キャサリン』

~END~


・・・映画が終わった。


・・・次は、同時上映の、“男の演歌”が上映された。


「キャサリン泣ける~~!」
「雄一泣ける~!」
ハナミとアミは、2人して、さっきの映画に涙している。

「いいねいいね~!演歌サイコ→!」
極度の演歌ファンなアキトは、すっかり大満足。

「小田切山選手カッコイイ!!」
リョウタとマコトは、映画に出演しているスポーツ選手に夢中。

「お腹すいたなぁ・・・」
ユウは、お腹がすいてしょうがない。

「あたし、アメリカの、ジャラピア・インスタント選手、すごいファンなの!いいなぁ~。生で見れて」
「ぁははっ」
カエデとヒカリは、映画を無視して世間話。

「・・・・・・」
なんなんだコイツら、とでも言うかのように、呆れた顔して全員を見つめているのは、シュウだった。


・・・映画も終わりに近づいた。


『旅に出る。オレは船に乗る』
『あなた・・・』
『忘れるな。オレはお前を・・・』


・・・これからが、いいところって時だった。



・・・あの世界への道が開いたのは。


ピカァァァァァァアアアアア!!!!!


「なんだなんだっ?!」
スクリーンから、まぶしい光が放たれた。

「みんなぁ!目を守るんだ!目が見えなくなっちゃうよ!」
アキトは、こんなときも現実を見ている。


・・・子供達は感じた。


・・・何かに、吸い込まれるような感覚を・・・




子供達の長い長い冒険・・・・・・






『・・・キャストハソロッタ・・・』
『ハジメヨウ。サイコウノブタイヲ・・・』
別窓 | フェアリーファンタジー second summer | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ~フェアリーファンタジー~ |

自由にどうぞ♪

©Plug-in by PRSU